農流研についてabout

理事長あいさつ

JAグループの皆さまへ

 当研究所は昭和52年JAグループの全国機関が発起人となり『農畜産物流通の改善と国民の生活の向上に寄与することを目的』とする公益法人として設立されました。おかげさまで、平成29年11月には40周年を迎えることができました。皆さま方のご協力に感謝し、あらためて厚くお礼申し上げます。

 設立以来、農畜産物の調査・研究、拠点型施設の指導・診断、JAグループ役職員の教育・研修を柱として、系統農協はもとより、JAグループ関係諸団体のご協力をいただきながら、中・長期的な視点から総合的な調査研究・研修・指導等に取り組んでまいりました。

 その後、国の公益法人改革に対応し、平成24年4月をもって一般社団法人に移行し現在に至っています。

 この間、Aコープ店舗、葬祭会館、直売所、JA-SS等の拠点施設の集約再編・老朽化、食べ物への安心安全志向、労働衛生管理面での法整備が進むなど、JAグループの経済事業を取り巻く環境は大きく変化してきました。このため、最近時の当研究所主催の教育・研修では営業力育成を重視したマーケティング講座、食品表示やメンタルヘルス講習会の開催等、時代ニーズを反映したカリキュラムを取り揃え内容の充実をはかっています。また、WEBやTVを活用するとともに、研修効果向上の観点から集合研修方式から現地出前研修方式への切替えについてもJA等のご希望にもとづき順次拡大しています。

 少子高齢化、経済・社会のグローバル化や技術革新等が相俟って、農業・農村は加速度的に変貌しようとしています。その中にあって当研究所は、JAグループの状況に精通する専門講師やコンサルタントが低廉な料金でご要望に即した講習会やコンサルを実施し、地域農村社会の活性化とJAグループの発展をご支援いたします。

 これからも、変化を先取りした新たな挑戦、活動のさらなる充実をはかってまいる所存です。引き続きご支援をお願いします。あわせて、皆さまの事業改革にあたっては、当研究所がこれまで培ってきた高い専門性、ノウハウがお役に立てるものと考えており、遠慮なくご相談いただければ幸甚です。

一般社団法人農協流通研究所
理事長 立石 幸一

農協流通研究所事業理念

私たちは、常に自己研鑽を重ね、
JAグループの一員として、
持続可能な、
『国内農業支援、安心して
暮らしやすい 地域社会づくり』

に向け、3つの事業活動を通じて
貢献します。

  • JAグループ役職員の人材育成、実務能力向上に向け教育事業に取組みます。
  • 変化する地域社会から支持される生活関連事業の確立に向け指導事業に取組みます。
  • 農畜産物販売や生活関連事業の新たな仕組みづくりに向け調査研究事業に取組みます。

概要

名   称
一般社団法人 一般社団法人農協流通研究所
所 在 地
〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目38番9号宮前ビル6F
TEL / FAX
TEL:(03)5643-3666
/ FAX:(03)5643-3688
URL
https://www.nrk.or.jp
沿   革
昭和52年
1月1日
社団法人農協流通研究所として設立
平成21年
11月30日
全農人事部の研修業務を受託
平成24年
4月1日
公益法人改革にともない一般社団法人に移行
平成27年
7月7日
農流研塾の開講(ビジネス文書スキルアップセミナーほか)
正 会 員
①JA全中(全国農業協同組合中央会)
②JA全農(全国農業協同組合連合会)
③JA共済連(全国共済農業協同組合連合会)
④農林中央金庫
⑤雪印メグミルク株式会社
⑥JA三井リ-ス株式会社
⑦全農クミックス株式会社
⑧株式会社ジェイエイ・エルピーガス情報センター
⑨全農エネルギー株式会社
⑩全農物流株式会社
⑪JA全農青果センター株式会社
⑫JA全農ミートフーズ株式会社
⑬全農パールライス株式会社
⑭株式会社エーコープ関東
事業内容
(定款第4条)
①農畜産物の流通等に関する調査研究
②農業者や地域住民の生活に係わる事業についての調査研究
③農業者や地域住民の生活に係わる事業についての助言・指導
④農畜産物の流通等及び農業者や地域住民の生活に係わる事業に必要な知識・技能等に関する教育研修
⑤前各号に係わる事業の受託及び情報提供
⑥その他研究所の目的を達成するために必要な事業

機構図

情報公開資料information disclosure material

  • みんなの広場 店舗通信教育履歴管理のWEB閲覧サイト
  • JAFF-NET JA葬祭 講習会フォローアップネット
  • エネルギー調査部 SV-NET
  • エネルギー事業部 GSV-NET